脱毛比較ランキングTOP > 

ニキビ跡のケアはどうするの?

ニキビ跡のケアはどうするの?

ニキビ痕が出来てしまうとニキビが出来た以上に落ち込むのは私だけですか?(笑)本当に厄介なのは実はニキビでは無くニキビ痕なのかも知れません。ニキビ痕のケアに関しては、何故ニキビが出来たのか?また、どのようなニキビ痕なのかによってケアが異なるのです。

ニキビ痕が出来てしまったら、その原因と状態を良く観察することをおススメします。肌の新陳代謝であるターンオーバーがしっかり機能していれば多少のニキビ痕など、1年もすればきれいになるのですが、代謝の落ちた肌の場合は、ずーっと付き合わなければならない可能性もあり、本当に憂鬱になりますね、、、今回で正しいニキビ痕の知識を身に付け、ポイントに合ったニキビ痕ケアが出来るようになりましょう!

ニキビ痕が出来る原因の共通点は?

ニキビが出来てしまった後に出来てしまうニキビ痕は、これまた厄介ですね。でも、ニキビ痕って出来る時と出来ない時が無いですか?ニキビ痕が出来てしまう前にケアすることが出来ることを是非知っておきましょう!

先ずは、ニキビ痕が出来てしまう原因とは?どのようなものがあるでしょうか?☆出来たニキビがどうしても気になり、爪を使って潰してしまった。☆寝不足が続いて肌の調子が崩れていた。☆ニキビが炎症しひどい状態になってしまった。などがありますが、どれも共通のポイントは、肌の奥の方まで損傷させてしまったと言うことです。肌の奥の方とはどこなのか?ですが、肌はもともと表皮と真皮の層に別れています。表皮の中で奥の方から28日周期でどんどん新しい細胞が作られ古い細胞がどんどん上へ押しやられ剥がれるというサイクルを続けています。肌の奥の方とは、表皮の更に奥にある真皮というコラーゲンやエラスチンがぎっしり詰まっている部分であり毛細血管が通っている部分でもあります。

ニキビ痕凸凹にピンポイントでケア!

ニキビ痕の種類は、大きく3種類に分類されます。色素沈着タイプ、凸タイプ、凹タイプです。色素沈着タイプとは何か?この色素とは、メラニンとヘモグロビンに大きく関係しており、それぞれタイプ別に良いとされているニキビケアが異なります。

例えば、メラニン系のニキビ痕には、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの成分が効果的だそうです。また、ヘモグロビン系の場合は、レーザーが有効的だそうです。また、凸タイプに関しては、表皮を修復しようとして角質層が出来た説や白血球の死骸説、応急処置的に出来たコラーゲン組織説などがあります。また、凹タイプが一番厄介だと言われていますが、表皮が破損している状態です。この凹を埋めるには、コラーゲンやエラスチンが作られるようにサポートすることが大切です。EGF(上皮細胞再生因子・上皮細胞増殖因子)矢プラセンタが知られています。ニキビ痕の種類を知り、効果的に対応することです!

エステランキング

エステ比較コンテンツ

エステでなりたい自分に!

エステ関連コンテンツ