脱毛比較ランキングTOP > 

アロマエステでリラックス

アロマエステでリラックス

最近では、アロマエステと検索すると『男性専用アロマエステ』の情報で埋め尽くされています(汗)アロマオイルは、痩身やお肌のきめを整えたり、ストレスを軽減させたりと、心身共にケアする働きがあるので、ここ数年めまぐるしくアロマエステを扱っているサロンが増えました。特に個人エステサロンは、だいたいアロマオイルを取扱っている場合が多いです。

個人のサロンは、プライベート空間が味わえますし、自分だけの極上の時間を過ごす事が出来るので、気の合うエステティシャンを是非見つけましょう!最近では、エステサロンの口コミサイトや情報サイトが多くなりましたので、ご自分に合ったアロマエステサロンを探してみては?

気をつけよう!アロマオイルの基準てあるの?

アロマオイルだけでも数百種類あり、か〜なり奥の深い分野になります。また、おなじ香りのアロマオイルでも産地や時期によって香りが変わるものです。ワインと似ていますね(笑)
また注意点ですが、アロマオイルは日本国内では雑貨扱いであるのが現状です。雑貨扱いと言うことは、成分に確かな基準が無い事から、精油が少しでも入っているとアロマオイルとして販売出来るのです。100%ピュアなものを使用するのが必須です。安いからと言って購入するのはおすすめ出来ません。また、この成分は良いからと言って、好きではない香りを使用する事もあまり意味がありません。

選び方や使用方法などもあるので、情報を集める事が苦手という方は、プロの方に相談をしてあなたに合ったおすすめのオイルをブレンドしてもらって使用するのも賢い方法ですね!

用途別アロマオイルの選び方

アロマオイルはそれぞれ特徴があり、効果効能がそれぞれ異なります。また、1つのアロマオイルで色々な症状に効果がある場合もありますので、『ケアをしたいことがら+アロマオイル』で検索してみると様々な処方の情報を見つける事が出来るのです。

例えば、『痩せる アロマオイル』で検索すると、グレープフルーツ、ペッパー、フェンネルなどがヒットします。
『保湿 アロマオイル』では、ローズオットー、ネロリなどと出てきます。
『むくみ アロマオイル』の場合、クラリセージ、サイプレス、ジュニパー、ゼラニウムなどがありました。足湯にしても良さそうですね(笑)また、インフルエンザに負けないアロマとして、ユーカリ、ティーテゥリー、レモンなどがあります。

このように、自分の用途に合わせて効果的なアロマオイルを選ぶとアロマの知識も増えとても楽しむ事が出来ますよ!

エステランキング

エステ比較コンテンツ

エステでなりたい自分に!

エステ関連コンテンツ