脱毛比較ランキングTOP > 

勧誘はどうやって断ったらいい?

勧誘はどうやって断ったらいい?

さて、施術が無事に終わり、勧誘タイムに突入します(笑)自分が準備して行った判断基準により、今回は断ることに決めました。さて、どのように勧誘を断ったら良いでしょうか?

【ステップ1】自分の判断基準の根拠を説明し、どこがどのように満たなかったため、今回は契約しない旨をしっかりはっきり相手に伝えます。

【ステップ2】自分の意志をはっきりと伝えた上で、さらに説明や勧誘を続け始めたら、その話をしっかりと聞いた上で、『自宅に戻り、じっくり再検討してみます。』と答えましょう。

【ステップ3】それでも、今日中に契約をするように迫って来たら、クーリングオフ制度の説明をしっかりと受けて、さくさく契約を済ませてしまいましょう。もちろん、帰宅後即クーリングオフの手続きに入ります。当然、何の心配も不要です。

断るための状況準備編

例えばもし、しっかり準備した上で勧誘を受けたとしても、相手は勧誘のプロです。勧誘に対して、はっきりとした対応をすることに不安を感じている場合は、プランBを用意しておきましょう。

【決断を迫られた時の対処法】
・自分一人では決めることが出来ないので自宅に戻り相談します。
・これから、待ち合わせがある旨を伝える。
・誰かに、電話をかけてもらうように頼んでおく。
・タイマーをセットしておき、あたかも電話がかかって来たように振る舞う。
など、スマートに勧誘の状況を切り抜けられるように準備しておくと、万が一のトラブル回避にもつながり安心ですね。

万が一のためのクーリングオフ制度

クーリングオフ制度とは、1度契約してしまったものの熟慮した上でやはり解約したい場合に設定期間内であれば、契約を解除することが出来る制度です。国が定めている制度で、契約から8日以内であれば、無条件で一切の契約を撤回することができます。
クーリングオフ制度により解約する旨を配達記録郵便で送付します。通常、これで解約することが可能です。しかし、中にはそのハガキを無視する業者も存在するようです。そんな場合は、消費生活相談センターへすかさず連絡を取り、今後の対応策に付いて相談しましょう。

エステランキング

エステ比較コンテンツ

エステでなりたい自分に!

エステ関連コンテンツ